リモコンシャッターの設置方法によって手動切替方法が異なります。
お持ちのガレージが以下の2種類のどちらのタイプかご確認の上、操作を行って下さい。
1.手動切替装置が外部設置
(ガレージ外側に鍵穴あり)
      2.手動切替装置が内部設置
(ガレージ外側に鍵穴なし)
       

※写真は右配線の場合です。
       
※「ガレージ外側に鍵穴がある場合(手動切替装置外部設置)」と「後付けリモコンシャッター内部切替の場合」は
  動画にて切替方法を確認できます。

動画のリモコンシャッター手動切替外部設置タイプは左配線、後付けリモコンシャッターは右配線となります。
1.手動切替装置が外部設置(ガレージ外側に鍵穴あり)
(2002年製〜/主にドア、引戸などの開口部が併設されていないもの)
※後付けリモコンシャッターの場合(ガレージ側面に鍵穴あり、開口部が併設されていない場合)
▲ページトップ
2.手動切替装置が内部設置(ガレージ外側に鍵穴なし)
(2002年製〜/主にドア、引戸などの開口部が併設されているもの)

   
※後付けリモコンシャッターの場合(ガレージ側面に鍵穴あり、開口部が併設されている場合)
   
     
  ※地震の影響により、シャッターが片寄ったり、変形している場合があります。 操作を行う場合は、無理に操作しないで下さい。
※上記、変形等に伴い、手動切替がし難くなっている場合があります。また、手動切替を長期間使用していない場合も切替がし難くなっている場合があります。 手動切替ができない場合は、左図のようにシャッターを上下に揺らすなどすると、切替できる場合があります。
※停電時など非常時に手動操作に切り替えた場合、停電等が復旧しましたら、忘れずに電動操作側に切り返して下さい(手動のままですと無施錠となり、盗難等の恐れがあります。またキーは二本付属となっております。紛失されないよう所定の位置に保管下さい)。手動操作後の復旧は一度電源を切り、再度電源を入れてからリモコンの電源スイッチを入れ(もしくは電源ボタン「ON」を押し)、続けて「あける」もしくは「開」、「OPEN」を押して下さい。上限自動停止します。その後は通常通りに使用できます。
     

 

▲ページトップ

以上の操作を行っても手動切替が行えない場合、また、ご不明な点等ございましたら、
下記 日江金属本社までお問い合せ下さい。

0120-772-246
FAX:011-382-7722
電話受付時間

●平日8:30〜17:30(年末年始・お盆除く)
※FAXは常時受け付けております。