CASCADEカスケードエクステリア製品の特長

自由なカスタマイズ性

カスケードエクステリアの構造

カスケードエクステリアの構造
カスケードガレージの標準品は、屋根と壁との一体構造となっております。

用途に合わせた奥行の増設・減設

用途に合わせた奥行の増設・減設
カスケードガレージは、60cm単位で奥行の増設・減設が可能です。
必要に応じた奥行をつくることができます。

自由な発想で、使い勝手良くカスタマイズ

自由な発想で、使い勝手良くカスタマイズ
カスケードガレージは、敷地や目的に合わせたカスタマイズが可能です。
更にオプションのドアやシャッタ-を取付けることで使いやすさをご提案致します。

◯ 製品と施工におけるご理解とお願い

※カスケ-ド工法によるカスケ-ドエクステリア製品は、60cm単位の部材を重ねる工法の施工のため重ね部分に多少のすき間が生じます。
※また、カスケ-ドエクステリア製品は、製品本体を載せるベ-スとの間に多少のすき間が生じることで 雨水などの水の侵入の可能性がございます。その対策としてモルタルやコ-キングによる水の侵入に対する対策を講じる必要がございます。
※積雪荷重等の表記につきましては、設置場所に応じ、条件を満たした基礎や路盤であることを事前にご承知おきください。
よって冬期間の施工については、積雪や路盤の凍上などによる製品本体への影響があることからメ-カ-としては、ご推奨致しかねます。 ※カスケードエクステリア製品は簡易型ですので粉雪の吹き込みや結露にはご注意ください。
※増設の際に製品本体を載せるベース部分を重ねて延長を行う場合は、ベース部材の鋼板を重ねることで標準品よりも厚みが生じますことをご承知願います。
詳しくは弊社までお問合せ下さい。

ページトップへ