CASCADEカスケードって?

結露について

結露ってなぁに?

◯ 結露と上手につきあっていくために、結露のメカニズムを知っておこう!!

結露とは、水蒸気を含む暖かく湿った空気が冷やされた時、空気中の水蒸気が水滴になることです。 例えば冷たい水をコップに注ぐとコップの外側が曇って水滴が付きますが、これも結露の一つです。空気中にはもともと水蒸気として水分が含まれています。 含むことのできる水蒸気の量は、温度が高いほど多く、温度が低いほど少なくなります。 そして水蒸気をたくさん含んだ温かい空気が冷えると、空気中の水蒸気量が飽和状態となり、余分な水蒸気は液体へと変化します。 これが結露発生の基本的なメカニズムです。 ガラス窓の表面など、目に見える箇所に水滴が生じること。そのままにしておくと、シミやカビ、ダニなどが発生する原因になるなど、人体にも影響を及ぼしかねないものです。 壁の中など、目に見えない箇所に発生する結露。目に見えないため、気づかないうちに、柱などの構造材を腐らせることもあり、住まいの寿命を縮める原因にもなってしまいます。

結露と上手につきあっていくために、結露のメカニズムを知っておこう!!

※カスケードエクス テリア製品に発生する結露は、表面結露タイプに分類されます。

簡易ガレージ(鋼板一枚で外部と内部が仕切られた構造)の内部は、日中の日射が当たらないため、常に地温(北海道の場合10℃位)の影響により冷却されており、そのため外気温より低温になっています。 夜から朝方にかけて気温が下がるような時には、壁や天井の表面温度もすぐ露点温度以下に下がり、結露が発生します。 特に地面から水蒸気が常に供給されている場合には大量の結露が発生します。 このようにガレージ内部には、常に結露する条件揃っています。これらの条件の中で結露を完全に防止することは困難です。 しかし、以下の対策をすることで結露発生は大きく減少します。

カスケードエクステリア製品 結露についてのご注意

●カスケードエクステリア製品は鋼板製のため、地域差や設置場所、季節の変化等により庫内の温度や湿度が変化し、結露が発生する場合がありますが保証対象外となります。
●冷蔵庫等の電化製品を庫内に置いたり、照明器具を取付けると、結露によりショートする場合があります。

結露についての対策

●十分に換気を行い水蒸気を排出する。
※開口部を開けて換気する場合は、庫内の荷物の盗難防止策を取って下さい。
●床部分をアスファルトやコンクリートで覆い水蒸気の供給を遮断する。
※打設直後は水蒸気を大量に発生させます。(設置の初年度は結露が多く発生する傾向があります。)
●天井表面に断熱材を貼り付けることで結露の発生を軽減することができます。
※オプションの結露軽減材を使用することにより結露を軽減することが出来ます。
※オプションの結露軽減材は庫内天井部のみで、軒先の曲がり部分には付きません。

ページトップへ